アフリカンハンマー

観光

こんにちは。自粛のGWは公園めぐりを満喫しました。

今回はトーゴの観光スポットについて記事が届きました。

トーゴの数少ない観光地だと思いますのでここに記します。

アフリカハンマー

アフリカンハンマーは、ドイツ人のAndreas RIMKUS が鍛造が有名な村に提供した巨大なハンマーでトーゴにあります。

アフリカンハンマーは、重量は19トン、長さ6メートル、幅1.6メートル、高さ1.2メートルあります。2つの支柱で支えられており、500キロずつのおもさがあります。つまりハンマーとその付属品の重量は20トンです。


ハンマーの真ん中には直径80センチの穴があいており、その穴を埋めるように木がうえられました。200年以内に木がハンマーの柄になるとのことです。

トーゴのVo県のYOHONOUにあります。このような大きなハンマーは世界に7つあると言われていてアフリカでは唯一トーゴにあるそうです。 世界中から観光客が訪れます…。
トーゴのアフリカハンマー

私自身、行ったことがないですが、トーゴには巨大なハンマーがあるそうです。

それにしても20トンものハンマーをどうやってここに運んだのか、、気になりますね。

VO県は首都のロメから1時間ぐらいでいけるので次回行く際はよってみたいと思います〜

タイトルとURLをコピーしました