トーゴ流おんぶの仕方

どーも、こんにちは!!

更新滞っていましたがとっても元気なおーちゃんです。

 

今回はトーゴ人赤ちゃんのおんぶの仕方について。

トーゴではおんぶ紐、抱っこ紐はぜんぜんありません。てか一度も見たことありません。

 

じゃあ赤ちゃんを長い間おんぶするにはどうするのか?

 

実はアフリカ布を使うんです。

ビビっとな色、デザインにプリントされた布です。

 

その布をおんぶに使うんです!

 

教えてくれたのは一緒に住んでいたアコース!

(いっつも洗濯を頼んでいます。サンキュー!)

 

 

まずは赤ちゃんを背中の上にのせます。

 

その赤ちゃんを布で覆って、バスタオルのようにキュっ、キュっ、クルって感じに上部分を巻きます。

 

下部分はしっかりと赤ちゃんのお尻を覆って布を前に持ってきて、赤ちゃんの足を出しながら縛ります。普通の縛り方ですね。

 

最後に余った部分を布の内側に入れて完成。

 

これがトーゴのおんぶの仕方です。

すぐにほどけそうと思ってしまいますがトーゴのお母さんたちはこの姿でご飯をつくったり、洗濯物をしたりと意外と持続力あるそうで。。

 

僕もチャレンジさせてもらいましたが・・・

 

おっぱいがないとずれ落ちちゃうそうで。笑

 

それでもお洒落でいいなと思うおんぶ布でした。