トーゴの観光スポット~トーゴヴィル・奴隷の家~

トーゴは小さい国ですが首都ロメは海に面しています。

海沿いにはたくさんホテルがあってリゾートチックです。

この前そんな海に訪れてきました。

 

 

トーゴの海はめちゃくちゃ波が高いので泳げず波際で遊んでました。

 

でも調子に乗って波の近くにいるとこうなります。笑

 

 

さて今回はそんなトーゴ・ロメの観光スポットについて。

・トーゴはロメの隣町にある”Togoville”

トーゴは元々ドイツの植民地だったんですけどそれにゆかりのある土地だそうです。

ドイツの王様が初めにたどり着いたのがこの土地だったと思います。たぶん。笑

 

Togovilleは湖に面していて今回は船を利用していきました。

値段は一人1000~1500CFAぐらいだと思います。(6人で行ってこの値段でした。)

 

こんな感じの手漕ぎ船です。船移動は20分ぐらい。

 

湖はそれなりに広いですが琵琶湖を見て育った僕には小さく見えました。

琵琶湖は偉大だ。

湖岸にはトーゴのスターKING MENTHAのお家も。

 

Togovilleに到着するとガイドさんがたくさんよって来てくれます。

外国人は2000CFA~でガイドしてくれます。(値段によって連れてってくれる場所が違うとかなんとか)

全然値段が決まってないので毎度毎度の交渉が大変なので信頼できるトーゴ人と行くことをおすすめします。

 

でTogovilleを案内してくれました。

 

 

 

目上の人の話を聞くときはこんな態度取ったらだめだよの像

 

ブードゥー教に関する木

 

ドイツ人女性(左)とトーゴ人女性(右)の像

 

僕としては街にいるトーゴ人と話してる方が楽しいなと思いながら回ってしまいましたがトーゴの歴史を知るにはいいと思います。

 

次にMAISON DES ESCLAVES(奴隷の家)にも行ってきました。

こちらもロメから車で30分ぐらいです。

 

この家はアフリカの人たちが奴隷として連れていかれる前に閉じ込められてた場所だそうです。

表向きは商売をしてる様に見せてたらしいですがその家の下にたくさん奴隷を閉じ込めてたそうです。

 

学校の歴史の授業で奴隷貿易って言葉を聞いたことがあると思いますがそれを実際に行われていた場所なんやなと。

 

奴隷は繰り返さないと書いてありました。

 

こちらは一応値段表がありました。

 

こちらもトーゴの歴史を感じることができるスポットでしたがやっぱりトーゴ人と直に触れあってお話する方が何倍も楽しくて学ぶことがあるなと思ったのでした。