Batik体験inトーゴ

最近お腹の中に寄生虫が見つかったおーちゃんです。

寄生虫って言葉の響き結構気持ち悪いですね。

いろんなの想像しちゃいますね。笑

もう治ったのでご心配なく。

 

さて、今回は先日体験したBatik(ろうけつ染め)について。

トーゴのパリメにはろうけつ染めを体験できるところがあります。

場所はGallery Oswald

トーゴで絵描きさんとして生活しているOswaldのアトリエです。

 

そのアトリエにはたくさん作品が飾られていてどれも超素敵。

そんな作品に惹かれてろうけつ染め体験してきました。

 

 

まずは紙にろうけつ染めしたい絵を描きます。

僕は日本人3人といったのでその人達の顔を描きました。(真ん中は私です。)

 

 

そしてそれを布に同じように書きます。

この布は綿100%が良いらしい。

 

 

ちょっと変になったけどまあいいかな。

 

体験セミナー中にお菓子(焼きバナナとピーナッツ)の差し入れ。なんておもてなし!

 

 

布に絵が描けたらここで蝋の登場です。蝋を炭で温めてそれを絵の線に合わせてなぞっていきます。このなぞりがあまいとだめだそうで。

 

 

それが終われば色付け。

この顔料は化学薬品を使ってないそうで岩から採ってるんやって。

真剣に作業してます。

 

この日はここまでで終了。朝の十時から始めたのに一日では終わらず続きを次の日にすることに。

Oswald曰く「ろうけつ染めは急いだらあかん。いっぱい考えながらやるもんやで。」勝手に関西弁に訳しましたがとにかく時間をかけてするそうです。

 

そして次の日残りの色付けをして、最後に石油で布を洗って完成でした。(前日飲みすぎてほとんどOswaldに仕上げてもらいました。)

 

そして出来上がった作品がこちら。

ベリーグッドですね。

 

学べて、楽しめるとっても良いろうけつ染め体験でした!Oswaldありがとう!