トーゴのお仕事~カカオ運び屋編~

トーゴでは日本ほど道端に酔っ払いがいません。がしかしたまーに酔っ払いがいて、丁度カメラを持っているときに遭遇したので

後ろの子供の目が。笑

 

 

日本でもトーゴでも酔っ払いは面白いということで。

 

さて、チョコといえばカカオ、カカオといえばガーナ!!

赤いパッケージのガーナチョコレートは日本では見慣れたものやと思います。

 

そんなガーナの隣国、トーゴ共和国でもカカオはいっぱい採れるんです。

今日はそのカカオに関する仕事をしている人たちの紹介です。

 

まずはチョコを作るカカオがどんなふうに出来上がっていくのか。

こちらが生カカオ。

 

緑から黄色になれば収穫できるんやって。

日本にも生カカオってあるんかな。たぶんないでしょう。

そしてその生カカオの果実を食べれるんです。こんな風に白くてめちゃくちゃ甘い!最高の贅沢!!

 

 

日本でも見れるカカオはこちら。

種の部分を乾燥させるんです。

 

 

いーぱいのカカオを天日干し。

途中でカカオひっくり返します。

 

 

素足でこんな感じに。笑

みんなのいい出汁がカカオに移ってるんやろうなーと想像しながらいつも見てます。

 

そして乾燥が終わると袋に詰めて倉庫の中に運んでいきます。これが大仕事。

一袋80キロあるのを1人で何往復もしてるねん。

 

 

みんなムッキムキ。

 

ここのカカオはドイツに輸出しているらしくて、

いつかトーゴでチョコレートが作れるようになれば良いなと思いながら。

 

 

最後は仲のいい友達の写真!

仕事終わりのエデンとラフィウはこの笑顔。

 

ここを通るといっつも声かけてくれるいい友達です。

 

お疲れさまー!